不動産の名義変更(所有権移転)

こちらでは不動産の名義変更について紹介します。

 

名義変更(売買・贈与)

 

 不動産(土地・建物)を売買・贈与した場合、登記記録の所有者を
売主・贈与者名義から買主・受贈者名義に変更する手続きである、
所有権移転登記を申請します。この「所有権移転登記」が、いわゆる名義変更に当たります。

 なお売主・贈与者の住所・氏名が、登記記録と異なる場合は、所有権移転登記の前提として、登記名義人住所・氏名変更登記が必要になります。

 所有権移転登記は、買主・受贈者等の不動産をもらう人を登記権利者、売主・贈与者等の不動産をあげる人を登記義務者として、共同で申請することになります。

 司法書士は、登記権利者・登記義務者双方の代理人として登記を申請することができます。

 所有権移転登記を申請するには、買主・受贈者の住民票、売主・贈与者の印鑑証明書及び権利証(登記識別情報通知書)、目的不動産の評価額を証する書面、登記原因証明情報(売買契約書・贈与契約書でも可)が、添付書類として必要です。
 

 

不動産の売買

コメント

 

不動産の贈与

コメント

 

▲このページのトップに戻る