建物新築に必要な登記

こちらでは建物新築の際に必要な登記手続きについて紹介します。

 

建物表題登記

 

  表題登記とは、不動産(土地・建物)について、新たに登記記録の表題部を作成する登記であり、表題部には不動産の物理的状況(所在・家屋番号・種類・構造・床面積・所有者、土地であれば、所在地番・地目・地積・所有者)が公示されます。

 新築建物は、新しい不動産であり登記記録が存在しません。そこで最初に必要になるのが、建物表題登記です。

 建物表題登記によって、新築された建物について新しく登記記録の表題部が作成され、物理的現況(所在・種類・構造・床面積・新築年月日および所有者の住所・氏名)が明らかにされます。

 建物表題登記は、所有者に申請義務があり、建物新築後1ヶ月以内に登記をしないと10万円の過料があります

 建物表題登記は表題部の登記であり、土地家屋調査士が、所有者に代わって申請できます。

 

所有権保存登記

 

 建物表題登記により、登記記録の表題部が作成された後、初めてされる所有権の登記が所有権保存登記です。

 所有権保存登記により新しく登記記録の権利部(甲区)が作成され、所有権に関する事項として、所有者の住所・氏名が登記されます。

 この所有権保存登記により、所有者は不動産の所有権を他人に公に対抗(主張)できるようになります。

 所有権保存登記をするかどうかは、所有者の任意であり、表題登記と異なり申請義務はありませんが、不動産を売買したり、抵当権を設定したりするには、その前提として所有権保存登記により登記記録の権利の部(甲区)が作成されている必要があります。

 

抵当権設定

 

 建物を新築される方のほとんどが、金融機関の住宅ローンを利用します。
 金融機関は住宅ローン融資の際、その債権を担保するため、新築建物とその敷地に抵当権を設定します。

 抵当権設定登記は、所有権以外の権利に関する事項として、登記記録の権利部(乙区)にされますが、前提として所有権保存登記が完了している必要があります。
 また建物の敷地は、新築建物に引っ越す前の住所地で登記されているので、土地の住所変更登記も必要になります。
 そこで通常は、所有権保存登記・土地の住所変更登記・抵当権設定登記が連続して行われます。

 建物表題登記を除く、所有権保存登記・住所変更登記・抵当権設定登記は権利の登記であり、
司法書士所有者に代わって申請できます。

 

建物新築に必要な登記費用の参考例(概算)

床面積200u以下の木造住宅用建物(評価額 1,500万円)を、
住宅ローン(2,000万円借入)を利用して新築した場合    
手続きの種類 報 酬 額(税別) 登録免許税・実費 備考
建物表題登記 80,000 円〜    転居後の住民票が必要です。
登記名義人住所変更登記 10,000 円〜  1,000 円  1不動産につき1,000円
建物所有権保存登記 13,000 円〜 22,500 円  建物評価額×0.15%
住宅用家屋証明書取得  7,000 円〜  1,300 円  登録免許税の減税に必要です。
抵当権設定登記 30,000 円〜 20,000 円  住宅ローン債権額×0.10%
登記事項証明書取得  2,000 円〜  1,200 円  1不動産につき600円
合  計 142,000 円〜 46,000 円  総額 195,100円(税込)

※参考例なので、実際に必要な費用とは異なります。

※事案により、事前調査として登記情報サービス取得費用が必要な場合があります。

※店舗併用住宅の場合、登録免許税の減税が受けられない場合があります。

※木造以外の構造(鉄骨造・鉄筋コンクリート造等)の場合は、建物評価額が高額になります。

※建物表題・住所変更・所有権保存・抵当権設定の各登記を一括で依頼されたお客様には、
セット割引料金にて対応させていただきます。

※住宅用敷地の名義変更から引き続きご依頼されたお客様には、特別セット割引料金を御用意しております。住宅用敷地のご購入の際は、ご相談ください。

費用見積

 相談無料です。
 お気軽にお電話ください。
026-214-5790

受付時間 : 9:00〜20:00

土日祝日対応可能

フォームからのご相談はこちら
▲このページのトップに戻る